データセキュリティマネージャー

Fortanix HSM ゲートウェイ

サードパーティ製HSMとクラウドHSMにまたがる鍵とHSMの一元管理

主なフィーチャー

  • オンプレミスとクラウドHSMのための統一された管理およびアプリケーションインターフェース
  • すべてのHSMにおける鍵の作成、管理、エクスポート、ローテーションのシームレスな実行
  • PKCS 11をサポートするあらゆるサードパーティ製HSMに接続可能
  • 監査ログを一元管理し、管理性、可視性を向上
  • オンプレミスのHSM鍵を使用してクラウドデータを暗号化し、コンプライアンスを実現

データシートをダウンロード

Fortanix HSM Gateway Video

概要

企業は、公開鍵基盤(PKI)、暗号化、鍵管理の要件を満たすために、さまざまなタイプやブランドのレガシーHSMを積み重ねてきました。これらのシステムは個別に管理する必要があるため、アプリケーション開発者にとって使いにくく、アプリケーションをクラウドに移行するための設備も整っていません。レガシーHSMを維持し続けることはコストがかかるだけでなく、アプリケーションの開発が遅くなり、パブリッククラウドへの移行が難しくなります。Fortanix DSMの拡張機能であるFortanix HSMゲートウェイは、レガシーHSMの鍵を管理し、HSMインフラの統合を支援します。
Overview Diagram

特徴

icon
統一された管理インターフェース
FortanixはすべてのレガシーHSMとFortanix DSMのすべての暗号化操作を統一されたウェブインターフェイスから管理します。
icon
レガシーHSM鍵のエクスポート
従来のHSM鍵をFortanixにシームレスにエクスポートし、FortanixをソースHSMとする新しい鍵でHSM鍵をローテーションします。
icon
PKCSのサポート
PKCS11をサポートするサードパーティ製HSMであれば、Fortanix HSMゲートウェイから設定することが可能です。
icon
HSM移行プログラム
nCipher、SafeNet LunaなどのレガシーHSMを使用している管理者は、FreeライセンスでFortanixに簡単に移行することができます。

メリット

icon

HSMインフラストラクチャの統合化

Fortanix HSMゲートウェイは、すでに組織で利用可能なレガシーなオンプレミスおよびクラウドHSMに接続し、それらの鍵をFortanixを通じて管理およびアクセスできるようにします。これにより、HSMインフラストラクチャを統合し、コストと複雑さを軽減することができます。  

icon

クラウドへのシームレスな移行

Fortanix HSMゲートウェイを使用すると、単一の一貫した暗号化サービスと鍵のセットを用いて、オンプレミスとパブリッククラウドインフラストラクチャ間をシームレスに移行することができます

icon

暗号運用の簡素化

Fortanixは統一管理可能な、最新のマルチテナント対応で直感的なユーザーインターフェースにより、運用を簡素化し、制御性を向上させることができます。すべての暗号化操作はログに記録され、監査対象となります。

Adidas Logo
quote iconお客様データ、販売データ、企業秘密など、私たちのシステムには機密データが保存されています。このデータは保護されなければなりませんが、私たちは課題を抱えていました。具体的にどうするのか?鍵をどうやって守るのか?大きな組織では、データの鍵の保護方法を決定するチームや関係者が異なるという状況は避けたいものです。そこで、鍵管理システムとHSMをセキュリティサービスの1つとして、組織の他部門に提供することにしました。
quote iconウェビナーを見る